モリタ屋140有余年の歴史と挑戦は卸売から始まりました

プロセスセンター外観  明治2年(1869年)文明開化の足音とともに京都で初の牛肉屋(盛牛舎森田屋)として創業されたモリタ屋は、陸軍省に納入する牛肉が商いの中心とした卸売からはじまりました。

 以来、140有余年に亘り京都の歴史とともに歩んでまいりました。 そして今日、卸売り事業者として小売店様・外食産業様へ安定した品質と価格で食肉の供給を行い、信頼とご好評を頂いております。

徹底した温度管理・衛生管理の下、多様なお客様のニーズにお応えします

プロセスセンター内部  隣接する京都食肉市場で競り落とした牛・豚をはじめ、鮮度が厳密に保たれた状態で入荷される枝肉を、熟練職人の技術、最新の管理システムの下で部分肉へとカット処理しています。

 プロセスセンター(主に牛肉の販売)では、お客様のより細やかなニーズにお応えするため、スライスをはじめとした加工処理を行っています。

プロセスセンター内部2
 原料の入荷、保管、加工、包装、商品出荷までを温度管理、衛生管理の徹底した環境下で実施する生鮮ベンダーシステムを導入しています。

 これら完全な管理下で製造・加工された安心・安全な商品を専用冷凍でお取引様のもとへお届けしております。。

製品に関するお問い合わせや、お取引のご相談は下記までお問い合わせください。

株式会社 モリタ屋 【卸本部】
食肉卸売総合センター
京都市南区吉祥院石原東ノ口1番地
吉祥院プロセスセンター
京都市南区吉祥院観音堂南町1番地61
					

075-661-0298


HOME店舗のご案内モリタ屋オンラインショップロットNo検索会社案内個人情報に関する基本方針お問い合わせ

Copyright 2002 MORITAYA Co.,LTD allright resarved.